SSブログ

22.03.04C #鎌倉 ” #法華堂跡 ” と、敷地内の 伝・ #中世武士 の各墓所< #供養塔 >を拝礼。 #鎌倉市西御門 / #北条義時 #鎌倉殿の13人 #北条義時法華堂跡 #大江広元墓所 #三浦一族墓所供養塔やぐら #毛利季光墓所 #島津忠久墓所 [?神社仏閣]

22.03.04C  鎌倉 ” 法華堂跡 ” と、

       敷地内の 伝・中世武士の各墓所<供養塔>を拝礼

image from lh3.googleusercontent.com 

.


B ” 安国論寺 ” からの続き


( <伝・源頼朝法華堂跡とされる>伝・ ’ 源頼朝墓所_供養塔 ’ 前 と


   <神仏分離で源頼朝法華堂跡から場所を移して建立された> ’ 白旗神社 ’ 前とを素通りして)


.


01-1) 北条義時 「法華堂跡」 _ 鎌倉市西御門(にしみかど)


image from lh3.googleusercontent.com


私感: 大河ドラマ関連でなのか? 手摺設置など整備されたが、嘗ては見捨てられたような場所と感じていた。


嘗ての私としては ’ 大江広元墓所 ’ 入り口との認識で、” 北条義時 ” の名前すら想起することもなかった。


一時期だったが ” 大江広元墓所 ” と書かれた、大風で吹き飛ばされてしまうような薄板木札が掛かっていたこともあった。


道標も見当たらず 頼朝墓所階段前を右折した未舗装路を20m弱の場所だが 時を経て道沿いには民家が迫っているし、


未舗装路を更に進むと新宅地開発された区域に至り 袋小路へ迷い込んだような気分になる。


大河ドラマ放映後の数年間は観光客さまが訪れるであろうが、


以前からも 現在以降も移住してきた民家に忖度して? 極々控えめな観光コース表示に留まると思う。 


.


01-2) 高台平地の、北条義時 「法華堂跡」 への階段 


image from lh3.googleusercontent.com


------


02-1) 階段を登りきって、平地へ入ったところ。


image from lh3.googleusercontent.com


.


02-2) 嘗ては草ぼうぼうだったが、近年に大掛かりに整備された平地の


史跡標  ” 史跡 法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)


          史跡指定年月日 平成十八年七月二十八日 ”


image from lh3.googleusercontent.com


※  文化庁 ’ 国指定文化財等 ’ での名称。_


        _ https://kunishitei.bunka.go.jp/heritage/detail/401/778


参考: 文化庁が運営する電子情報広場 ’ 文化遺産オンライン ’ での項目ページ


        _ https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/209910 


源頼朝墓塔(供養塔)のような、北条義時墓塔(または供養塔)は ’ ない ’。


.


02-3) 解説ボード


     ” 国指定 法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓) ”  の日本語部分 


image from lh3.googleusercontent.com


↑  画像をクリックにて、拡大操作可能なページ へジャンプ。


.


02-4) ARアプリケーションソフトのインストール方法と使い方 解説ボード


image from lh3.googleusercontent.com


↑ ↓ 画像をクリックにて、拡大操作可能なページ へジャンプ。 QRコードが使えるかもしれない。


03-1) ARアプリケーションソフトの使い方 解説ボード 


image from lh3.googleusercontent.com


.


03-2) 発掘調査を経て整備された史跡の遠景 


image from lh3.googleusercontent.com


.


03-3) 雨落溝を模したような、


     小石を敷いた白線状で囲われた ” 北条義時法華堂跡 ”


image from lh3.googleusercontent.com


この区域を 北条義時墓 と見做している ’ らしい ’。


( 写真の鳥居左方の奥: 伝 ’ 三浦一族墓所<供養塔>やぐら )


------------


< 以下は、国指定史跡の範囲外だと思う。>


04) 写真03-3)の左方奥、伝 ’ 三浦一族墓所<供養塔>やぐら ’


_ ’ 宝治合戦/宝治の乱 ’ で 三浦泰村以下一族郎党500余人が自刃し、


                     葬られたところとされる。


image from lh3.googleusercontent.com


直近で拝礼合掌の上、撮影は正中を外した遠景一枚に留めた。


しかし何故か? 木製の名称札すらも無いことが悲しい。


言いたくはないと思えど 書かずにはいられず、勝てば官軍 負ければ賊軍 大河ドラマへの忖度か?


------------


05-1) 二列で それぞれ2本の階段登り口。


片方の登り口に鳥居があるが、他方には 墓所やぐら開口部に鳥居がある。 


image from lh3.googleusercontent.com


.


05-2) 中段の平場で、両階段の行き来は この場だけ。


むかって左: ’ 大江広元墓所 ’ と ’ 毛利季光墓所 ’、右: ’ 島津忠久墓所 ’ 


image from lh3.googleusercontent.com


------


06-1) 表示銘板  ” 島津忠久墓 ”


image from lh3.googleusercontent.com


写真の紐は、表示銘板を吊るすため と 立ち入り不可表示 を間口に吊るし


立ち入り不可制限するもの


大河ドラマに合わせて急造の感アリでナンダカナァ・・・


.


06-2)  ” 毛利季光(もうりすえみつ)


_ 本姓名は大江 季光(おおえ--すえみつ)で、大江広元の四男。


所領相模国毛利荘/荘園 からとされる、毛利氏の祖であり毛利元就の先祖。


<毛利元就の姓(セイ_ カバネではない)は、’ 大江 ’  >


image from lh3.googleusercontent.com


例外も多いけれども なるべく墓所は撮らない自己ルールだが その例外として、


各墓所直近で拝礼合掌のうえで斜め遠方からでのみ撮らせていただいた。以下同じ。


---


07-1) 右隣、” 大江広元墓 ” 


image from lh3.googleusercontent.com


.


07-2) ” 大江広元(おおえ-の-ひろもと) ”  墓所 


image from lh3.googleusercontent.com


cf.  大江稲荷(大江稲荷神社/大江稲荷社)


------


08-1) 写真05-2)へ戻り、右の階段から ” 島津忠久 ” 墓所。


image from lh3.googleusercontent.com


.


08-2) 鳥居は此処に建つ、” 島津忠久(しまづただひさ)” 墓所。


_ 本姓名は惟宗忠久(これむね の ただひさ)で、所領の島津荘からなのか 島津氏の祖。


image from lh3.googleusercontent.com


_ 古(いにしえ)の源頼朝 持仏堂/法華堂 所在場所に、


現在の源頼朝墓所<供養塔>(の原型)として


江戸時代後期に整備したのが島津重豪(しまずしげひで)


その際に 源氏の菩提寺「勝長寿院」から墓塔を移設したと伝わるそうだ。(cf.勝長寿院跡) 


近代の神仏分離に於いて、現在の場所に「白旗神社(通称、源頼朝法華堂跡)」が建立された。


.


D ” 英勝寺 ” へ続く  /  表紙ページ A ” 別願寺 ” へ戻る


.


********************************


cf. アルバム


.


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。